相談事例

CASE

「書面決議」とはなんですか?

2010.7 山上 の回答

2006年(平成18年)5月1日付の会社法施行に伴い、株主総会を一堂に会することなく「書面決議」ができるようになりました。書面決議による株主総会とは、単に書面により議決権を行使するという意味ではなく、株主総会の開催自体を省略して書面やメールで株主総会決議事項について株主の賛否を問い、同意を貰うことで、株主総会を開催したとみなす方式です。もちろん、会社の会議室やホールなどを借りて開催される株主総会と効力は同じです。決議できる内容や範囲にも制限はありません。注意すべき点は、この方式を採用できるのは、「株主全員が決議すべき事項に賛成した場合」に限られていることです。

 

取締役会で書面決議を採用する際には、定款に「書面決議についての定め」が必要です。こちらは決議や報告の範囲の制限があり、監査役が異議を述べないことも必要になります。この定めは大企業の子会社、孫会社でよく利用されています。

ページTOPへ